キャッシングローン

現金がちょっと足りないとクレジットカードの「キャッシング」ローンに手を出しちゃいます。
これは「長期型」です。
これ上限が決まっているけど何十万円から融資が受けられます(個人の条件により金額の上限が異なりますけど)。
返済額はカードローンと同じで一律だから、上限までなら何度借りても同じですね。
これは返済期間が長くなるわけです。
ダイビング旅行で少し足りないとついつい手が…。
ローンカードと同じで、人から借りない分、気安いですよ。
書類があるとローンも重いけど、無いと心理的に違いますね、やっぱり。

そこで、クレジットカードには「短期」のキャッシングというものもあります。
さすがに、こちらに手を出す勇気は「今のところ」無いです。
というのもこれ言葉通り「短い期間で返す」ローンで借りた翌月に一括返済するものですね。これは翌月のお給料に結構大きなダメージを与え、返済にも影響すると思いますけど、私だけですか?

クレジットカードも銀行のローンと同じで「1枚」なら問題無いです(1番は借金が無いことでしょうけど)。
でも複数所持していると大変なことになるケースが多いかもしれません(私の場合は大変なことになっています、ハイ)。
余談ですが、日本人のカード所有枚数の平均は3枚前後だそうです。

私は当時既に複数枚のカードを所持しており、ポイントなどを考えて使い分けをしていたと思うんです。
それも、深みにはまる原因の一つだったんですね。

そしてクレジットカード

銀行のローンカードで足りなくなってくるとクレジットカードの出番です。
これ、非常に不味いパターンですけどね(不味いと分かっていても手を出しちゃうものです)。

カードにもいろいろな機能がありますが、まずは機能をきちんと把握しておくことですね。持っていると便利で、海外で使いたい場合やインターネットでの買い物にはもってこいでしょう。
ただし、カード決済なので、買いすぎには注意が必要です。
最近は食品などもカード決済する人も多く、電子マネーが広く使われているので、口座にあるお金の管理をきちとすることが求められているようですが…。

さて、話を戻しますが、クレジットカードです。
高額なものを購入する際、クレジットカードを利用する場合がほとんどだと思います。
ダイビング関係ですと、潜るための旅行代金を手配してくれる会社に払うとき等、クレジットカードの出番です。

クレジットカードには「ショッピング」と「キャッシング」があります。
普通、買い物や旅行代等支払うお金は「ショッピング」での取り扱いとなり、どういう支払い方法にするかは個人の裁量です。
ちなみに支払い方法は3つ「一括」「分割」「リボルビング」となっています。
これも返済をきちんと考えておかないと後で大変ですよ。

通常の支払が可能であれば、一括か分割で支払いをする方法を選択しますよね。
ですがクレジットカード会社は、より利率が高いリボルビング払いを煽ってきます。
リボ払いにするとポイント何倍!とかのアレですね。

高額な器材

銀行のローンカードも1枚だけの使用なら、ローンの支払いもそれほど大変ではないと思います(別でローンの支払いがあれば話は変わってきますけどね)。 しかし、複数のカードを使用していると、返済は大変になります! ましてや生活費や趣味につぎ込む費用って段々とかさみますしねえ。 ダイビングで言うと「少しずつ装備を整えていく」わけですが(「私は」ですよ!人にもよりますがフルセット一式を最初に購入し「形から入る」人もいるようですし)、時間が経つと今までよりも良いものが出てくるのは、他のものと変わりないです。 そうなると新しいものに買い換えたくなるってものです、心理的に。 借金が増えると分かっているけど、新しいものが欲しくなっちゃうというか…性分ですかもしれません。 スキューバダイビングで大事な器材は高額です。 こまごましたものはそうでもないですが、ダイビング・スーツとかは自分にあったオーダーメイドになるわけで、かるく何十万円ですよ。 作ったら体型維持も重要だし。 命に関わる大事な部分ですしね。 タンクとかも結構します。 ダイビング初期はレンタルでも良かった部分ですが、潜るうちに自分専用のものが欲しくなります。 こうなってくると銀行のローンカードだけでは駄目になるわけです。 ここが私のターニングポイントだったと思います。 ここで趣味だからと、自分の収入ときちんと相談できていれば、おそらくは後からの地獄のような生活に陥らなくて済んだと思うんです。

銀行のカードローン

銀行のカードローンって人と対面して面倒な手続き無くお金を借りられる分、借金という意識が持ちづらいと思います。
しかもカードの使用が作ってから長い間無いと、ちょっとした操作登録で、上限も上がるわけです。
そこで2~3枚カードを持っていたら、あっという間に何百万円の金額になりますね。

会社員もそうですけど、主婦とかも借りやすいみたいです。
詳しくは知りませんが、どこかで聞いたことがあるような…。

とにもかくにも、ローンカードってお手軽です。
「ちょっと足りないな」と思ったら気軽に使っちゃいます。
しかもカードだから借りやすいし借金って意識が無いです。
そこで、1度借りて返すと、もう借りるのに抵抗が起きないですよね。
私の場合、ダイビングを始めた当初、お給料はスキューバダイビング優先で使っていました。
まあ、貯金も少しだけあったので足りない分は、貯金を切り崩すかんじで生活費に当てていましたし…。

でもねえ、カードローンって1度使うとずるずると当たり前みたいに使っちゃうわけですよ!
借りた分を返すときは、又カードローンから借り入れて返済。
こうなると典型的な自転車操業になります。
しかも足りない部分を補填し続けると借入金はどんどん多くなりますね。
まあローンカード1枚ですめば「まだ」ましでしょうけど…。

ここで踏みとどまれれば、私はきっと後から来る大変な状況に陥らなくて済んだ気がします。
しかし、人間その時には気がつかない物ですね。

ちりも積もれば・・・

買いたいものや必要な道具、旅行に必要な色々。
大きい買い物「も」ですけど、小さなこまごました物も馬鹿にならない金額になってきます。「ちりも積もれば…」ってやつです。

ここで銀行のローンカードの登場になります。
入社した時に、給料振込みの口座を作りましたけど、そのときに銀行のローンカードも作っていたわけですね。
というより流れで作らされた気もしますが。
最も当初は本当に作った「だけ」だったのです。
まあ、元々持っていた銀行口座でも、とりあえず作っていましたけどけど、本当に作っただけ!典型的な使わないけど持ち歩いていたパターンでしたね(まあ一時的に借り入れて直ぐ返済って言うこと「も」たまにはありましたけど←直ぐ返したので借金と言う意識は無かったです)。
当初はお給料だけで全く問題はなかったというか、スキューバダイビング自体に興味がなかったし、負債を重ねる等は想像外でした。

カードローンの仕組みがどうなっているのか、融資額(借りられる金額)の上限が増えます。カードって作るときの審査は厳しいようですが、その後の増額の審査ってどうなっているのか…?
しかも、ローンが無いと「優良」なのかカードを作る時の審査にも配慮されるみたいですね。しかも収入が安定していると思うのか(何処まで調べているのか本当に疑問ですけど)融資の額って優遇されていますしね。

この時の私は前後不覚になっており、スキューバーダイビングのためなら、使える物はなんでも使ってしまう状態でした。
ですから、自分の場合はあっさりと借り入れることができよろこんでしまったんです。

 

ダイビングにはまっていくほど

スキューバダイビングをしようと決めてダイビングスポットを選ぶ場合、何処にするかで悩みますが費用と相談となります。
遠いと泊まりになるのでその費用も掛かり、ただ潜るだけではすまない訳ですよ。
しかもダイバースポットは沢山ありますし、一般に知られていない「ダイバーの中だけ」で知られている処もあります。
そういうところは費用もそうですけど、限定条件やらと制限が多く、通常より費用も時間も多く見込む必要がありますね。
器材もメンテナンスは必要ですし…。

「潜る」のも大変ですけど、でも止められないです。
スキューバダイビングは私にとってはまりまくっている趣味で1種の麻薬みたいなもの(例えが悪いですけど)かもしれません。
魅力に取り付かれると直ぐ次のダイビングをしたくなります。
資金ですが最初はお給料で済んでいました。
というより、最初は単なる趣味だったわけです。
それでも結構な額になりましたね。
でも自分で出来る範囲でダイビングを楽しんでいました。
しかし、ダイビングって奥が深いものでしたね。
スキューバダイビングの魅力にはまって来ると…。
貯金で賄えるうちは良かったですけど、どうしても足りない部分って出てきます。
小額だからこそ厄介ですね!!

いろいろお金がかかる

資格摂取は基本だって話しましたけど「体験ダイビング」は本格的にダイビングを始める前のライセンスが要らないものもあります。
最もこれは本当に「体験」ですけど。
ちなみにダイビングの資格は国家資格ではありませんよ!

さて、ライセンス取得後ですけど、器材の問題が出てきます。
レンタルで良いならレンタル代で済みますが(でも潜る回数が多いとレンタル代も馬鹿になりませんし、自分専用ではないからサイズに我慢が必要)、全部レンタルでなく自分で用意した方が良いものもあります(ね、初心者でもお金が掛かるでしょう?)。
こういうものは、お店と相談して決めていくと良いですが、お店によっては器材一式全部購入するよう勧めるところもあるので何件か調べるのも大事ですよ。
資格を取るスクールと提携しているお店も注意が必要です。
安く資格を取らせてその後の装備品で元を取るってあるようですし…。
私は何件かお店を渡り歩きましたけど(全部そろえると、ものにもよりますけど大体七十万円弱かかります。これはきついでしょ!)。

装備品でもそうですけど「潜る」こともお金が掛かります(お金の話ばかりですね)。
潜る自体は楽しいですよ!
でもやっぱり、先立つものが必要なわけで…。
計画段階で費用を考えると頭が痛い問題が発生するわけです。

スキューバーダイビングの資格を取るには・・・

スキューバダイビングを始めるには資格を取らないといけません。
ここでお金がまず必要になります。
大体5万円からですね。
これは「ピンきり」なので、きちんと調べることが重要な選択となります。
しかも潜る為の資格も多いです。

最初は潜る為のオープンウォーターダイバーの「Cカード」なんですけど、これは本当に初歩ですよ!
18m以内の比較的浅い深度で楽しむためのものですから。
でもこれで満足する人と満足できずに次の資格を望む人に分かれます。
私は完全に後者ですね!
そこで、必要になるのが「アドバンス・オープンウォーター」という資格です。
これは「Cカード」のレベルが上がったことを示すもので、最大深度30~40mまで潜れます。日本のみならず海外でもスキューバダイビングを楽しみたいなら絶対に必要ですよ!
ダイビングスポットで有名な場所って18m以上の深度がある場合が多いですしね。
何か熱くなってしまいました。
資格ってまだまだ上があります。
自分の目的に応じた資格摂取が大事ですけど、時間も取られるので、時間の余裕を見ておいたほうが良いです。

まあ、自分の目的や性格(上の資格を取りたくなる資格マニア傾向や完璧主義とか…)で資格につぎ込む金額も馬鹿にならないと思います。
これだけでも結構お金が掛かるでしょう?
でもこれからがもっとお金が掛かります!

趣味の話

趣味の「スキューバ-ダイビング」ですが、最初はここまでのめりこむとは思いませんでした。以前は趣味らしい趣味がなかったですしね。

はまったきっかけは、ツアー旅行です。
テレビで海の中を映した映像を目にしていたので、コースの中にシュノーケリングが入っていても「ちょっと見るのも良いよね」程度の気持ちしかなかったわけです。
実際、シュノーケリングは何の資格もいらず、素人でも簡単にできる海のレジャーですから。
でも、それが運命の分かれ道でした。
シュノーケリングで見た海の中って想像以上でした。
浅瀬で綺麗な水中世界を楽しんで満足ならばシュノーケリングで十分でしょうけど、潜ってみたらもっと綺麗な世界があるかもと思ったらもう駄目ですね。
海面付近を見るシュノーケリングでは満足できなくなりました。
「スキューバ-ダイビング」している人にきっかけを聞いてみると、シュノーケリングからという人が結構多いようです。
まあ、私もそのパターンですけど…。

シュノーケリングがお手軽なのは前述したとおりですが、「スキューバ-ダイビング」はお手軽とはいえません。
費用でもかかり方がスタート時点でぜんぜん違います。
かかる手間隙も違いますね。
おかげで貯金ができません。
随分スキューバダイビングに使っており、余剰金はないです。
それどころか…。

はじめまして

私の名は陸奥城敦子。
30歳、未婚女性です。
会社の対人関係やちょっとしたストレスは、趣味で1発解消です!
私的には、熱中できる趣味って重要だと思います。
まあ、人の意見は色々でしょうね。
ただ趣味やスポーツに没頭する人の多くは、没頭していれば嫌なことや問題を考えなくて済むというので、私の見解も、あながち的外れではないと思います。
何はともあれ今は充実した生活環境にありますね。
特に、周囲からは「良く」見えるのではないかと思いますが?

ちなみにはまりまくっている趣味ですが「スキューバ-ダイビング」です。
これ、私的には凄く良い趣味だと思います!
非日常の世界が目の前にあるわけですよ!見るだけで癒されます。

結構、いいことだらけに見える現在ですが、1つだけ悩みがあります(悩みがない人なんて居ませんよね?)。
他人に悩みを気付かれたら嫌ですけど、深刻な問題になりそう。
と言うのも「スキューバ-ダイビング」に限っては、お金と時間が掛かるからです。
まずは潜るのに資格が必要で、その後は装備品の問題、ダイビングスポットまでのもろもろの経費。
当然、費やされる時間を考えると社会人というのは結構なデメリットになります。
金銭面ではメリットではありますが…(でも趣味に掛けるお金って限がない…)。
悩みどころですが、原因は分かっています。
でも分かっていても…頭が痛い問題です。