返済は当然のこと

借金の返済は当たり前ですよね。
これから先を考えると、返済しておかないと希望がかなえられません。
借金をきちんと正しく契約規定通りに返済しないと「お金」に関する書類は自動的に「ブラックリスト」入りです。
現実問題として5~10年(借金返済方法により期間は異なります)履歴が残り、社会的信用が得られません。
この期間を軽く考える人(特に若年層)が多いようですが、後で悔やんでも遅いので忠告として頭においておくことです。

私の場合(あくまで仮定ですからね)、趣味を楽しめなくなります。
前にも述べたように「スキューバ-ダイビング」はお金が掛かるわけです。
「ブラックリスト」入りしている限り、クレジットカードは使えません(そもそもクレジットカードを作ろうとしても審査でアウトです)。
どれほど高額でも「現金払い」で、日常生活以外は難しくなるはずですね。
「スキューバ-ダイビング」に付随する旅行等もっての他でしょう。
コツコツ資金をためても年1回が限度でしょうしね。

つまり「ブラックリスト」入りは避けて返済し、これまでの回数は減らしても趣味は継続したいです。
大変だと思いますが、何とかしたい…。
そこで色々と考えては見ているけれど、自分の性格が邪魔していますね。
今更、性格の変更は難しいですよ!

本職=趣味=借金のバランスを崩すことなく、日々お金に悩まないで生活できるように私はなれるんでしょうか?
自分の事なのに、それが漠然としていてとりつく島もない感じです。

コメントを残す