自転車操業への道

借金返済を考えると、更なる借金で「返済箇所を減らせれば良い」と言う考え方もありますね。
最も新規借り入れになるわけですから、審査も厳しいです(これも調べて見ましたよ)。
特に返済金が多いと、審査を通っても借りられる上限が低いらしいですね。

個人情報保護が叫ばれている昨今ですが、お金関係はシビアに調べられます。
借金が無いときは、金融機関の審査も(調べても何も出るわけありませんけど)通りやすいです。
でも借金があると…。

「ローンの上限」は信用の基に設定されます。
ですからきちんと返済していれば最低限の信用は得られますが、1度でも返済が滞ると信用は下がるわけです。
しかも1社でも信用がなくなると、その旨が書類に載り(電子情報化されているかも←この辺は調べていないので詳しくありません)、他社の審査で引っかかります。
どうやらそういうリストがあり、どのくらいの借金があるのかも分かるらしいです(借金のこと、審査のことは知っておくと良いと思います)。

とりあえず自転車操業でも、返済しておくことが大事ですよ。
でもね、色々と返済を楽にする為に調べて見たわけですけど、どの手段をとってもリスクがあるようです。
まあ借金をした時点でリスクを背負い込んでいと思いますけど。

消費者金融や銀行系ローン会社なんかも、実際は大手の銀行が運営しているから情報の共有化がされているんでしょうね。
私自身、まだなんとか滞っていないからどうなるか解りませんが、もしも、一度でも滞ったりしたら今の生活が成り立たなくなりますね。

コメントを残す