副業も選択肢?

「副業」を考える上で、条件を挙げることは簡単です。
好きなことを言えば良いわけですが、現実はそんなに甘くはありません。
条件が増えるほど、あるいは厳しい条件であればあるほど、仕事が見つかる確立は低くなっていきます。
「副業」に関わらず、就職活動をしたことがあるなら、感じたことがある人も多いのではないかと…。
余談ではありますが、景気が良い時代、最近ではバブル時代ですが、売り手(仕事を探す方)市場だったそうです。
そのため多少条件が厳しくても、仕事を探すことは難しくなく、就労が可能だったようですね。
逆に景気が悪くなると、買い手(会社)市場で、探す側には厳しいことになります。
就職氷河期って、就職活動が始まるとニュースで良く耳にしますし。
ただ、今の時代は副業が案外あります。
副業を探すのは簡単になっていますよね。
クラウドソーシングを使った仕事なんかもあります。

まあ、社会情勢はおいておき、「ローンをどうするか?」です!
「副業を考える」のも重要でしょうけど、自分のおかれている環境や性格を鑑みることも大事でしょう!
「副業を考える」のは借金を返す上では、手段の1つですが、無茶な「副業」は考えないほうが良いです。
「副業」自体はかまわないですけど「無茶」はいけません。
ローン返済で無理をして本業や生活全般に影響が出たらシャレになりませんよ!
無理なく返済していければ1番ですよ、本当は。
できれば本職だけで何とかしたいですけどね。

コメントを残す