借金は返すことが基本

借金で1番大事な事は「きちんと返す」ことです。

ちょっと私事から外れますが、借金を抱えた人がたどるパターンを紹介します。
借金がかさみ、どうにも返済が出来なくなると「闇金に手を出す人(これはシャレにならないので絶対良くないです)」「ファイナンシャルプランナー(弁護士等相談できる職種は様々で、第三者への相談に当たりますね)に相談する人」「自分で何とかしようとする人」の3つに大別されるようです。
他人(ここで言う他人とはお金について詳しい人)への相談は生活再建を考え、無駄な支出をカットし、生命保険や学資保険、大口のローンなど、低金利なモノへの乗換え等提案してくれます。
いわゆる今使える分で、何とかしようとしてくれるわけです。
「自分で何とかしようとする人」については更に細分化されます。
1番悪いケースは自殺(絶対駄目)で、嫌な話ですがニュース等で某崖の特集が組まれるほど借金苦で悩んだ末の選択だそうです。
次いで「自己破産」ですけど、これも良くないと思います。
確かに借金苦からは開放されますが、デメリットが多いので後になって後悔するパターンが非常に多いことは知っておくべきでしょう。
で、自分で考えられる限り生活を切り詰め、現在のお給料(入ってくるお金です)で何とか返済していくパターンですね。
それと共に「副業」をして返済金にプラスするわけですが、この2つは大変ながら自力での返済を目指すので他人に知られることはないと思います。

コメントを残す