最悪の場合を考えて

「現在の収入で何とかしたい」ですけど、「別の手段」も一考しています。
でも考えているものって、当然時間の融通がきかないわけです。

いの一番に思い浮かぶことは、借金返済の手段として「副業」を考えると言う事です。
これは余談ですが「副業」を禁止している会社はもちろん、わざわざ禁止していないながら、暗黙の了解の下「副業」をよしとしない会社も多いです。
そのため「副業」を内密で行なう人も結構いるようですね。
私が務めている会社はその辺、おおらかで復業している人もちらほらいます。

話を戻すと、借金返済を考え「副業」を考えて見ました。
別に収入のあてが出来ると「スキューバ-ダイビング」に対する我慢が効かなくなりそうで怖いですよねぇ。
これだと本末転倒だし…。
それよりも何よりも、拘束時間がどの程度かも問題です。
どうしても「スキューバーダイビング」を1番に考えてしまうので「副業」の条件が厳しいものになってしまいます。
これはもう性分ってやつです。
自分の性格って、変えるのはむずかしいですしねぇ。

「返済はきちんと行ないたい」から「スキューバ-ダイビングを我慢する」、これは必要だと分かっています。
そのための手段も考えているわけです。
最も「まだ」考える段階ですけど。
でも最悪の事態は回避したいので、最悪を回避する手段をきちんと考えることも大切ですよね。
しかも、自分で考えている最悪がイコール最悪ではないと言う場合もあります。
でも自分の思うように行かないのが世の常ですし…。

コメントを残す