いろいろお金がかかる

資格摂取は基本だって話しましたけど「体験ダイビング」は本格的にダイビングを始める前のライセンスが要らないものもあります。
最もこれは本当に「体験」ですけど。
ちなみにダイビングの資格は国家資格ではありませんよ!

さて、ライセンス取得後ですけど、器材の問題が出てきます。
レンタルで良いならレンタル代で済みますが(でも潜る回数が多いとレンタル代も馬鹿になりませんし、自分専用ではないからサイズに我慢が必要)、全部レンタルでなく自分で用意した方が良いものもあります(ね、初心者でもお金が掛かるでしょう?)。
こういうものは、お店と相談して決めていくと良いですが、お店によっては器材一式全部購入するよう勧めるところもあるので何件か調べるのも大事ですよ。
資格を取るスクールと提携しているお店も注意が必要です。
安く資格を取らせてその後の装備品で元を取るってあるようですし…。
私は何件かお店を渡り歩きましたけど(全部そろえると、ものにもよりますけど大体七十万円弱かかります。これはきついでしょ!)。

装備品でもそうですけど「潜る」こともお金が掛かります(お金の話ばかりですね)。
潜る自体は楽しいですよ!
でもやっぱり、先立つものが必要なわけで…。
計画段階で費用を考えると頭が痛い問題が発生するわけです。

コメントを残す